佐野史郎からお知らせ ★FMシアター 第38回 NHK大阪ラジオドラマ脚本賞 最優秀賞作品「家族のコツ」
2018年2月10日(土)22:00〜22:50
聞き逃し対応 *配信は、2月12日(月)正午〜19日(月)正午まで
作:黒瀬ゆか 音楽:長生淳 音響効果:水谷明男
演出:佐原裕貴
出演:玄里(ひょんり)、佐野史郎、押谷かおり、坂東浩考、宇仁菅真、堀部由香里

一昨年のNHK名古屋制作のFMシアター「桜を伐る」に続いて今回はNHK大阪での収録。
以前、札幌でラジオドラマ収録したこともあったなあ。
テレビドラマではなく、ラジオドラマだからこそ可能な、魅力的な作品ってあるんですよね〜。
NHKでは各局で、こうしたシナリオ募集を行っているようです。
地方局での収録の良いところは、前日リハーサルをきっちりやり、さらに終わってからみんなでご飯を食べながら、シナリオについてあ〜だこ〜だと語り合い、その世界にのめり込んで行けること。
巨匠のシナリオの先生ではなく、コンクールで受賞して初めてドラマ化される脚本受賞者の方も現場にいらっしゃるので、質問したり、執筆者の方が考えてもないようなことをみんなで読み解いたり・・・。
そんな空気が、きっとあふれていると思います。
主演の玄里さん、初共演でしたが、面白かった〜!!

【あらすじ】
不慮に事故で亡くなった独身女性が、お骨(コツ)になって入った家の墓。
そこで「再会」したのは、先に亡くなっていた父(のお骨)。
残された母も、娘のお骨の一部を大切に持ってる。
この三者が、コミュニケーションならぬ「骨(コツ)ニケーション」で繋がることで、お互い生前は話せなかったこと、伝えられなかったことが、次第に明らかになってゆく……。
生と死、違う世界に分け隔てられた双方の思いをユーモラスに、時に切なく描く、「第38回BKラジオドラマ脚本コンクール」最優秀賞受賞作のドラマ化。


「ピーター・バラカンのPing Pong DJ」
2018年4月21日(土)/
Com.Cafe 音倉 下北沢(世田谷区北沢2-26-23 EL NIU B1F)/
☎︎03-6751-1311/
www.otokura.jp/index.php/
OPEN 18:30/START 19:00/
予約 ¥3,000/当日¥3,500 +1drink ¥500/
出演:ピーター・バラカン、佐野史郎/
/
ピーター・バラカンさんとはラジオ番組のゲストに出演させていただいたり、アイルランド、ニューオリンズの音楽好みにも惹かれたり・・・のご縁。/
松江でのアラン・トゥーサン追悼DJも良かったな〜🎶/
アイルランド、ニューオリンズ、松江・・・切り口は色々ありそう。/
60年代に遡るか、それとも・・・はてさて、どんな展開になりますか???
文春ムック オール讀物責任編集「完全保存版 向田邦子を読む
2018年1月11日(木)発売
文芸春秋社
定価:¥1,080+税

WOWOW連続ドラマW「春が来た」で、父、周次役を務めさせていただいたことを受け、向田邦子さんのムック本の取材をお受けいたしました。
原作の「春が来た」のほか、向田邦子さんとゆかりの深かった山口瞳さん、森繁久弥さん、久世光彦さんらの追悼の文章など、貴重な記事満載です。
「"夢みるように眠りたい"展」
2018年2月9日(金)~2月24日(土)
Galerie LIBRAIRIE6/シス書店

1986年にモノクロサイレント映画『夢みるように眠りたい』でデビューした映画監督、林海象作品の上映企画。
初作品に加え、唐十郎脚本『海ほおずき』他を上映、また和田誠による映画ポスター、制作当時の16mmフィルム、絵コンテ、イラスト他を展示致します。
※初日9日(金)17時~『夢みるように眠りたい』を上映しながらオープニングパーティを開催致します。
(初日の上映は無料となります)
❖上映作品|連日17:00~(日曜日のみ15:00~)上映[料金¥1.000- 定員25名]
※当日12時より整理券を配布致します

◎2月10日(土)・16日(金)・17日(土)・23日(金)・24日(土)
「夢みるように眠りたい」1986年|81分 監督・脚本|林海象
出演|佳村萠/佐野史郎/大竹浩二/大泉滉/あがた森魚/小篠一成/中本龍夫/中本恒夫/十貫寺梅軒/遠藤賢司/草島競子/松田春翠/吉田義夫/深水藤子

◎2月15日(木)・22日(木)
「二十世紀少年読本」1989年|106分 監督・脚本|林海象
出演|三上博史/佳村萠/修健/朝山ゆき/秋吉満ちる/桂三枝/鰐淵晴子/原田芳雄/佐野史郎/山人幸雄/石川真希/大泉滉/麿赤児/片桐はいり
◎2月11日(日)・18日(日)
「海ほおずき」1996年|138分 監督|林海象 原作・脚本|唐十郎
出演|唐十郎/原田芳雄/タンナ/ニ・ショークン/鰐淵晴子/馬渕晴子/佐野史郎/小名紫/楊海平
◎2月14日(水)・21日(水)
「弥勒 MIROKU」2013年|87分 監督・脚本|林海象
出演|永瀬正敏/土村芳/四谷シモン/佐野史郎/志賀勝/福本清三/近衛はな/井浦新/水上竜士/古元美千子/中里宏美/土居志央梨/水本佳奈子/大西礼芳/原田衣織/仙洞田志織

❖イベント開催日|イベント開催日は¥2.500-となります。
※当日12時より整理券を配布致します

◎2月10日(土)対談|佐野史郎+林海象「夢みるように眠りたい」とは
17:00~上映開始。上映終了後に「夢みるように眠りたい」が映画デビュー作となった佐野史郎と監督、林海象に撮影当時の事をお話頂きます。

◎2月17日(土)活動弁士|坂本頼光による活弁付き上映
17:00~上映開始。活動弁士として活躍する坂本頼光による活弁付き上映。

◎2月24日(土)めいなCo.+林海象
17:00~30分間ほど、めいなCo,+林海象によるトークとミニライブ。
※イベントの背景で映画を上映しますのでご覧頂き難い事ご了承下さい。
ミュージックマガジン増刊「遠藤賢司 不滅の純音楽」
2018年1月19日(金)
定価:¥1,900(税込)

「ユリイカ」に続き、遠藤賢司さん追悼特集のミュージックマガジンです。
僕は湯浅学氏と対談のほか、未発表の2007年、ご自宅でのエンケンさんとの対談を掲載。
ぜひ、ご一読を!!!

【内容】
ありがとう! エンケンさん!
ファンに強烈な印象を残して旅立ってしまった遠藤賢司。本書では、ミュージシャンをはじめとするたくさんの方々に、彼への思いを語っていただきました。さらに、ミュージック・マガジン2007年3月号の特集をはじめ、ファースト・アルバムからリアルタイムで紹介してきたニューミュージック・マガジンや、レコード・コレクターズとその増刊号に掲載された、インタヴュー、論評、本人が執筆した記事を、多数再掲載。遠藤賢司の記憶を心に留めるためにも、ぜひお読みください。

未発表ロング対談=遠藤賢司×佐野史郎(2007年)
インタヴュー=鈴木茂/松本隆/鈴木慶一/湯川トーベン/石塚俊明/パンタ/遠藤ミチロウ/曽我部恵一/山口隆/近田春夫/宮藤官九郎/春風亭昇太/荒井良二/奈良美智
寄稿=細野晴臣/直枝政広/小倉エージ/北中正和/近藤康太郎/湯浅学 ほか
DVD&Blu-Ray「雪女」
2017年12月6日(水)発売
品番:KIBF-1560(DVD)KIXF-537(Blu-Ray)
価格:¥3,800+税(DVD)¥4,800+税(Blu-Ray)
監督:杉野希妃
出演:杉野希妃、青木崇高、宮崎美子、山口まゆ、水野久美、佐野史郎 ほか

第29回東京国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。
2016年に劇場公開された本作がDVD&Blu-Rayでリリースされました。
小泉八雲の怪談「雪女」を原作としつつ、新たな設定、世界観で描かれた永劫不滅の物語。
監督自ら主演を務め、監督の出身地広島、安芸国で撮影。
映画の聖地、尾道をベースに中国山脈にも分け入り、安芸の国と小泉八雲ゆかりの出雲の地、八雲が聞いた武蔵野の伝承とのトライアングルで雪の幻想譚を描き出しています。
個人的にも小泉八雲の朗読を続けていますし、チェコのアニメ、イジィ・バルタ監督による「雪女」にも参加させていただき、DVDも出たばかり。
やはり小泉八雲作品には特別な想いがあります。
ぜひ、ご覧くださいませ。
「ユリイカ2018年1月臨時増刊号 総特集=遠藤賢司ー言音一致の純音楽家 1947〜2017ー」
2017年12月26日(火)発売
定価:本体1500円+税
著者:遠藤賢司、鈴木慶一(インタビュー/聞き手=湯浅学)、浦沢直樹(インタビュー/聞き手=細馬宏通)、あがた森魚、岡林信康、中川五郎、友部正人、山本恭司、田中泯、夢枕獏、篠原勝之、山崎哲、佐野史郎、原マスミ、湯浅学×岸野雄一(対談)、遠藤ミチロウ、大友良英、奈良美智、山崎春美、戸川純、曽我部恵一、東谷護、北中正和、輪島裕介、南田勝也、根本敬、水道橋博士、いしいしんじ、湯川潮音、細馬宏通、大石始、遠藤哲郎、本山謙二、柿谷浩一(遠藤賢司略年譜)

2017年10月25日に他界なされた純音楽家、遠藤賢司さんの総特集。v 音と言葉を分け隔てないエンケンさんの世界は、まさに「詩」「詞」そのものだ。
大河ドラマ「西郷どん」
2018年1月7日(日)放送開始 毎週日曜放送
NHK総合 20:00〜
BSプレミアム 18:00〜
【再放送】
NHK総合 毎週土曜日 13:05〜
出演:鈴木亮平、瑛太ほか

2017年の大河ドラマ「女城主 直虎」では、1話だけの登場でしたが、戦国の世、今川家を支え、かつ井伊家にも力を貸した僧侶にして武将、太原雪斎を務めさせていただきました。
時は降って幕末、今回はなんのご縁か、倒幕派と相対する彦根藩主、井伊直弼役を仰せつかりました。
幕末ものでは28年前、やはり大河ドラマ「翔ぶが如く」で西郷隆盛の盟友、有村俊斎役を演じておりました。
井伊直弼は桜田門外の変で、その有村俊斎の弟、次左衛門に殺められます。
井伊直弼は昭和38年、大河ドラマ第1作目「花の生涯」の主人公。二代目、尾上松緑さんがお務めになった役柄。
そんな大河ドラマの歴史や、自分自身の俳優として過ごしてきた時間が渦巻いて感じられ、身の引き締まる思いです。
異国と、どう向き合っていけば良いのか・・・と、この国に住む人々を想い、真剣に立ち向かっていたのは、立場の違いこそあれ、皆同じ・・・と想いたいところです。
単なる武器、権力、経済を得るための騙し合い・・・とは想いたくないですが、歴史は繰り返す?
彼らの戦いが、今尚続いているのかもしれないことを思うと、彦根藩主役を単なる「むかしのおはなし」として演じるわけには参りますまい。
今上天皇御退位が決まったこの時だからこそ、なおさら幕末が身近にも感じられてくるようです。
尊皇攘夷に翻弄されたかのような孝明天皇は、今の世をどのようにご覧になるでしょうか?
井伊直弼たちが登場するのは、少しばかり後になりますが、ぜひ、第一話より、じっくりとご覧くださいませ。
「屋根裏のポムネンカ/雪女」
2017年12月15日(金)正午12時より チェコネットショップにて発売。
チェコネットショップ:http://czech-czech.jp/SHOP/114411/list.html
価格:¥4,500+税
監督:イジィ・バルタ
吹替えの声:貫地谷しほり、佐野史郎

「チェコアニメと絵本のお店」でも購入いただけます。
【営業日】
2017年12月9日(土)13:00〜19:00
2017年12月17日(日)13:00〜19:00
2017年12月22日(金)17:00〜21:00
2017年12月24日(日)13:00〜19:00
2017年12月29日(金)13:00〜19:00
2017年12月30日(土)13:00〜19:00
チェコアニメと絵本のお店:https://ameblo.jp/a-a-agallery/entry-12333300326.html
場所:神奈川県川崎市多摩区中野島6-29 新多摩川ハイム1号棟(JR南武線中之島駅徒歩30秒)

【収録内容】
「屋根裏のポムネンカ」(75分)<字幕>
「屋根裏のポムネンカ」(75分)<吹替え>
「雪女」(14分)<字幕>
「雪女」(14分)<吹替え>
「屋根裏のポムネンカ・メイキング」(13分)<字幕>
「雪女・メイキング」(7分)<字幕>
「イジィ・バルタ監督インタビュー」(2分)<字幕>

チェコアニメの巨匠、イジィ・バルタ監督、2009年に劇場公開された「屋根裏のポムネンカ」と、2012年に製作、小泉八雲の怪談「雪女」を原案とした長編人形アニメが収録されたDVDがついにリリースされます。

吹替え版では、どちらも貫地谷しほりさんと佐野史郎が参加させていただいております。
「屋根裏のポムネンカ」への参加から、小泉八雲の怪談をチェコ・アニメで!!という企画が浮上し、佐野は「雪女」ではプロデューサーとしても参加させていただきました。
是非、ご覧くださいませ。
「対談 戦後・文学・現在」
而立書房
定価:本体¥2,300+税
著者:加藤典洋
対談:田中優子、石内都、中原昌也、古市憲寿、高橋源一郎、佐野史郎、吉見俊哉、池田清彦、養老孟司、見田宗介、吉本隆明、竹田青嗣、橋爪大三郎

1999年から現在まで。文芸評論家・加藤典洋のポリフォニックな対談から精選。

加藤典洋さんの「敗戦後論」を読み、この国の歴史を捉える時に「ねじれ」という身体感覚を水先案内として提示してくださったことから、戦国時代、幕末、大東亜戦争、現代・・・と、映画やドラマで演じる時に腑に落ちるようになりました。
僕は、ゴジラを通して、この国を読み解こうと、対談させていただきました。

それにしても、このメンバーの中に入れていただき、オソロシイ想いもしております。^^"
「生誕71年 エンケン祭り」〜追悼・遠藤賢司〜
2018年1月31日(水)
会場 渋谷クラブクアトロ
開場/開演 18:00/19:00
料金 前売¥5,000 当日¥5,500+1d¥500(税込・整理番号付・特製手拭い付)
発売日 2017年12月9日(土)
【チケット販売】

e+ http://eplus.jp/sys/main.jsp
チケットぴあ http://t.pia.jp
ローソンチケット http://l-tike.com
出演 細野晴臣/鈴木茂/鈴木慶一/あがた森魚/PANTA/石塚俊明/湯川トーベン/遠藤ミチロウ/大友良英/山本恭司/佐野史郎/原マスミ/曽我部恵一/フラワーカンパニーズ/湯川潮音/森信行

2017年10月25日に他界なされた遠藤賢司さんの追悼&生誕71年のライブが行われます。
エンケンさんのことが大好きな純音楽家達が繰り広げる、盛大な生誕71年記念・エンケン祭り! ぜひみんなで一緒にワッショイ!盛り上がりましょう⭐︎

*当日、チケットはないけど献花したいという方や、スタンディングでのイベント参加が困難な方のために、19時〜終演までの時間、会場ロビーに自由に入れる祭壇スペースを設け、あわせて展示や物販も行います。
【問い合わせ】
渋谷クラブクアトロ TEL:03-3477-8750
http://www.club-quattro.com/shibuya/schedule/detail.php?id=7983
小泉八雲の世界「転生〜絶望の淵から蘇る輪廻のしらべ〜」
2018年1月20日(土)
出演:佐野史郎(脚本・朗読)、山本恭司(音楽・ギター)
料金:前売¥5,000/当日¥5,500(税込)*自由席 120名限定
時間:開場18:00/開演19:00
場所:湘南スタジオ
   神奈川県茅ヶ崎市新栄町7-5 エメラルドプラザ3F TEL:0465-86-4466
チケット予約・前売・お問い合わせ:湘南スタジオ TEL:0467-81-3100

2016年に初めて上演した演目「転生」は、「おしどり」「勝五郎転生記」「力ばか」「振袖火事」などで構成した、蘇り、生まれ変わりなどをテーマとした演目で、小泉八雲の朗読脚本としてはギリシャ、アイルランド用に校正したベスト版の「望郷」「稀人」を除けば8作目の作品です。
八雲の8にあやかり、永遠性に希望を託して挑みたいと思います!!
湘南の海を臨み、どんな世界となるのか、楽しみです。
個人的には、小津安二郎監督がシナリオを執筆していた土地でもあるので、シナリオの聖地として身が引き締まる思いです。
小泉八雲の世界Vol.11「夢幻〜夢とうつつのあわいに現れるものたち〜」
2018年2月16日(金)
会場:ヤマハ銀座スタジオ
時間:開場18:30 開演19:00
料金:4,500円*自由席 2017年12月8日(金)10:00発売予定
チケット申し込み:チケットぴあ/TEL:0570-02-9999 Web:http://ticket-search.pia.jp/pia/search_all.do?kw=101-500
出演:佐野史郎(脚本・朗読)、山本恭司(音楽・ギター)/小泉凡(監修・講演)

小泉八雲の朗読LIVEを続けて10年を超えましたが、その第1作目となる記念碑的作品です。
当初は、このように続いていくかどうかもわからなかったので、生涯がループするかのように小泉八雲〜ラフカディオ・ハーン〜の生い立ちに遡りながら、たどり着いた日本、松江への想い、海を渡ってきた水辺のイメージを連ねて構成しております。
「果心居士の話」の舞台、近江、琵琶湖と出雲の宍道湖を通底させ、お江戸に陸奥、さらにはギリシャ、アイルランドへと水脈をたどって夢とうつつのあわいを巡って参ります。
連続ドラマW「春が来た」
2018年1月13日(土)22:00〜 *全5話 第1話無料放送
WOWOW
原作:向田邦子「春が来た」(『隣の女』所収)文春文庫刊
脚本:吉田弥生
監督:河合勇人
出演:カイ(EXO)、倉科カナ、古畑星夏、健太郎、高田聖子/高畑淳子、佐野史郎 ほか

向田邦子作品に出演させていただくのは初めて。
生前、向田邦子ドラマを永く手がけていらした久世光彦さんに「今度一緒にやろう」とお誘いをいただきながら、実現せずにいた向田邦子ドラマ。
父親役、周次という名前からも、大好きな小津安二郎作品を想わせるし、大切に、丁寧に取り組ませていただきました。
原作の骨格は、そのままに、韓国のカメラマンとデパートの下着売り場に勤める娘の恋を見守る父親役は、私が務めるからそうなったのではないとおっしゃってましたが、何やら怪しげなシーンも見ものかも!?^^”
カイさん、倉科さん、古畑さん、高畑さんとの家族の物語を通して、困難を乗り越えるのに何が大切かを、今一度考えさせてくれる現場でもありました。
映画「となりの怪物くん」
2018年4月27日(金)ロードショー
原作:ろびこ「となりの怪物くん」(講談社「デザート」刊)
監督:月川翔
出演:菅田将暉、土屋太鳳、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、佐野岳、佐野史郎、速水もこみち ほか

人気マンガの映画化は、昭和の時代から数々ありますが、ここにまた、ひとつ。
当代きっての、菅田将暉、土屋太鳳コンビで老いも若きも青春を謳歌してくださいませ‼︎
私は個性の違う兄弟を子に持つ議員役‼︎
とことんやらなきゃね‼︎^^;
映画「ホペイロの憂鬱」
2018年1月13日(土)角川シネマ新宿ほか全国順次公開
2018年1月6日(土)MOVIX橋本 先行ロードショウ決定!!

【角川シネマ新宿 初日舞台挨拶決定!】

映画『ホペイロの憂鬱』角川シネマ新宿初日の舞台挨拶が決定しました!

日時:1月13日(土) 1回目 10時10分の回上映後
          2回目 12時40分の回上映前
会場:角川シネマ新宿(新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル)

ゲスト:白石隼也さん、佐野史郎さん、郭智博さん、加治屋彰人監督
 ※登壇者は予告なく、変更となる場合がございます。
  予めご了承ください。

■舞台挨拶の回のチケットについて
12月30日(土)0:00~(29日(金)24:00~)よりオンラインチケット予約受付開始。12月30日(土)劇場オープン時より劇場窓口にて販売開始。 ※一般前売券使用可

角川シネマ新宿のHP
原作:井上尚登「ホペイロの憂鬱」(創元推理文庫)
監督:加治屋彰人
出演:白石隼也、水川あさみ、永井大、郭智博、小室ゆら、菅田俊、川上麻衣子、白川和子、佐野史郎 ほか

問題だらけの弱小プロサッカークラブに大逆転はあるのか!?
プロサッカークラブのホペイロ(裏方さん)を主人公にしたユーモアミステリーの快作を神奈川県相模原市オールロケで映画化!
佐野は監督役。
スポーツとは無縁の印象の私でしょうが、見るのは大好き🎶
仲間たちと試合を作り上げていく作業は、映画と共通するものがあると感じました。
娘役に映画「縁」でも娘役だった、小室ゆらさんと再び。

【イントロダクション】
FIFAワールドカップ2018に日本代表が6年連続出場を決め、2020年東京オリンピックも決定した今、日本のサッカー熱、スポーツ熱は止まることを知りません。この熱狂の中普段日の目を見ないプロサッカーチームの裏方に焦点を当て、弱小チームの奮闘を描くスポーツ・エンターテイメント映画が完成しました。
愛すべきサッカークラブ、ビッグカイト相模原でホペイロ(roupeiro:ポルトガル語で用具係のこと)を務める「僕」こと坂上栄作には、チームに関する奇妙な出来事がわんさか起こる。その度にクラブのみんなは本来の仕事に追われる僕に、その解決を押し付けてくる。選手のスパイク管理が本職なのに……。大スポンサーの援助金が半分に!広報用のポスターが何者かに盗まれる!敵のスパイがチームの中にいる?等々問題は次々と起こる。J2昇格をかけた決戦の前に振り回される坂上は無事チームを試合に勝たせることができるのか?原作はシリーズ化され熱狂的な人気を誇る井上尚登氏の同名小説。主演には「仮面ライダーウィザード」で主演を演じ、その後も大河ドラマ「真田丸」「東京喰種トーキョーグール」に出演し成長著しい期待の若手白石隼也。チーム愛に満ちているがちょっと口うるさいヒロインの広報ウーマンに水川あさみ、そのほか佐野史郎、川上麻衣子、菅田俊、永井大、白川和子ら個性派俳優たちが脇を固めます。また主題歌には、NHKの「ひよっこ」で女優としても話題のシシド・カフカが起用されています。監督は大阪芸大出身の俊英・加治屋彰人を起用し瑞々しい演出が注目されています。
「1999年サマーの安保ちゃん〜状況劇場、70年代の劇中歌17曲を27テイク、作曲家本人が歌った〜」
2017年9月20日(水)発売
価格:2,160円(税込)
歌とギター:安保由夫
「1999年サマーの安保ちゃん」CD制作実行委員会:熊谷陽子、浦山秀彦、石川真希、松井亜由美、安保登美子
購入できるところ:ナジャ
東京都新宿区2丁目11-11
☎︎03-3351-9058

状況劇場の役者にして座付き作曲家だった安保由夫さんが2015年9月20日に亡くなって丸2年。
3回忌として、安保ちゃんが1999年にアコギの弾き語りで録音していた音源がCD化されました。
代表曲「唐版・風の又三郎」や「二都物語」をはじめ、名曲揃い🎶
安保ちゃんがマスターを務めた、新宿のBARナジャに置いてあります。
Amazonほか、紅テント、劇団 唐組の公演「動物園が消える日」でも購入できるようです。
ブックレットでは、安保さんの下、状況劇場、効果部にいた飴屋法水さんと僕が安保由夫さんのことを綴っております。
江戸川乱歩・著「怪人二十面相/青銅の魔人」
2017年9月15日(金)刊行
岩波文庫
定価:910円+税
解説:佐野史郎、解題:吉田司雄

乱歩の少年探偵団シリーズが、岩波文庫で刊行されます。
昭和11年に初めて刊行されたシリーズ第1作目の「怪人二十面相」と、昭和24年、戦後第一作目の「青銅の魔人」のカップリングの解説を仰せつかり、「乱歩と戦争」とでもいうべき内容になっております。
【内容】
探偵小説界の文豪・江戸川乱歩は、少年文学の大成者でもある。
明智小五郎、怪人二十面相、少年探偵団の活躍する少年物は、児童文学の枠を超えて近代文学の今なお愛読される古典である。
少年時に読んで夢を与え、大人が読んでも懐かしさと興趣を喚起させる。
小説のヒーローたちは、夢の体現者として活躍し続ける。
「小泉八雲・山陰の怪談五編」
小泉八雲記念館(島根県松江市)
開館時間 年中無休
【4月1日〜9月30日】8:30〜18:30(受付は18:10まで)
【10月1日〜3月31日】8:30〜17:00(受付は16:40まで)
入館料:大人 400円 団体割引 320円
    小・中学生 200円 団体割引 160円
朗読:佐野史郎 音楽:山本恭司

リニューアルされた小泉八雲記念館には朗読ルームが設えられ、山本恭司の音楽、佐野史郎の朗読で、山陰ゆかりの怪談をお楽しみいただけます。ご当地ならではの臨場感をお楽しみください!!
演目はご来館頂いてのお楽しみ🎶
企画展なども、以前よりさらに見やすく、しかも広く深くラフカディオ・ハーンの世界をご体感いただけます。

〒690-0872
島根県松江市奥谷町322
TEL:0852-21-2147
FAX:0852-21-2156
井浦新×佐野史郎 写真帳「骨風」
LIBRAIRIE6/シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1ー12-2 南ビル 3F ☎︎03 6452 3345
info@librairie6.com
-Open-   水曜日〜土曜日 12:00 - 19:00  日曜日/祝日 12:00 - 18:00
-Close-    月曜日・火曜日(月火が祝日に当たる場合も店休)
      
2016年12月に上演された舞台、篠原勝之・原作、山崎哲・作・構成・演出「骨風」で販売していた、出演者の井浦新と佐野史郎の写真帳を、発行元である恵比寿のギャラリー&古書 LIBRAIRIE6/シス書店で販売しております。
限定出版ですので、お早めにお求めください。
オンラインショップでもお求めいただけるようになりました。
サイト内のオンラインショップからお求め頂けますよう、お願いいたします。
★KADOKAWA GAMES「GOD WARS〜時を超えて〜」
2017年2月23日(木)発売
PlayStation®4/PlayStation®Vita
メーカー希望小売価格:PS4®版 6,800円(税抜)/7,344円(税込)PS®Vita版版 6,800円(税抜)/7,344円(税込)ダウンロード版 未定
発売地域:日本、アジア、北米、欧州
発売:株式会社角川ゲームス 著作権表記:©2017 KADOKAWA GAMES
ディレクター/シナリオ/原作:安田善巳
キャラクターデザイナー:箕星太朗
モンスターデザイナー:竹安佐和記
コンポーザー:新田高史
語り部:佐野史郎

ナレーションや朗読は、いろいろやって参りましたが、ゲームは初めてかな?
以前、「かまいたちの夜」のドラマ版には出演したことがあったっけ・・・。
一時、テーブルトークのRPG、H・P・ラヴクラフトの「クトゥルーの呼び声」シリーズにどハマりした時がありましたが、コンピューターゲームはちょっと齧るくらい・・・でした。^^”
今回のゲームは、古事記をベースにしているということで、出雲神話、日本神話の世界が好きなワタクシめにご指名いただいけたのかな?
是非、ご体験ください🎶

<GOD WARSとは>
誰も知らないもうひとつの日本神話
古代日本の若きリーダーたちの
葛藤と成長を描く、タクティクスRPG

<コンセプト>
「日本最古の歴史書である古事記」と、
「古来、人々が親しんできたお伽噺」を
融合させた世界を冒険するタクティクスRPG。
それぞれの運命を背負いながら森羅万象と果敢に戦い、
その人生を煌かせた英雄たちの群像劇を描く。
★オーディオブック「野槌の墓」 NHKサービスセンター
http://www.nhk-sc.or.jp/haishin/info/info55.html

iTunes
http://www.apple.com/jp/itunes/download/?cid=wwa-jp-kwg-music-itu
mora
http://mora.jp/artist/473769/all
FeBe
http://www.febe.jp/product/207339

価格:¥700(iTunesのみ¥800)時間:1時間52分 原作:宮部みゆき 朗読:佐野史郎 小泉八雲の朗読を続けているからか、朗読のご依頼が続いた。 白石加代子企画、朗読劇「笑った分だけ、怖くなる」では東野圭吾、小池真理子を。
今回は宮部みゆき。
昨年のNHKドラマ「おそろし」のほかTBSドラマ「レベル7」などでもお世話になった宮部さん。
かつて京極夏彦さんの「巷説百物語」のWOWOWドラマ化の時にも、宮部さんのほか京極夏彦さん、荒俣宏さん、大沢在昌さん、水木しげる御大とも共演させていただいた。
なにかとご縁を感じる。
これまでも朗読の作品は何本かやってきた。江戸川乱歩、つげ義春、宮崎駿・・・
映画一本分の朗読は、小泉八雲の朗読のステージで慣れているはずだが、それを舞台の公演とするならば、録音は映画の撮影と同じ。
微細な音を使い分けなければならないので、細かな神経をさらに研ぎ澄ます。
「語りきかせ」「おはなし」は基本だな・・・と改めて思った。
もうひとつの基本は、きっと舞、そして唄、打楽器。
最小限の効果音で、さらに言葉の重さが増す・・・是非、お聴きください!!
★CD「ニュープリント」ゼラチン・シルバー・ミュージック・クラブバンド(Vo,Gt / 佐野史郎、Ba / 橋本潤、Dr / GRACE、Key / エマーソン北村) 2014年6月25日リリース
qbism(キュビズム)/ 曼荼羅音楽出版 QBISM-007
定価:2,571円(税込み価格/定価を\2500と記しておりましたがこちらの価格でございました。申し訳ございませんでした)全9曲
http://www.amazon.co.jp/ニュープリント-ゼラチン-シルバー-ミュージック-クラブ/dp/B00FAQHYLM/ref=ntt_mus_ep_dpi_1
http://diskunion.net/jp/ct/news/article/1/44949
http://www.clinck.co.jp/merurido/catalogue.php?srcbnr=5977

少しづつ録りためていた音源がやっと一枚の円盤になりました。
リリースが決まってすぐに、ベースの橋本潤が他界してしまいましたが、彼の音は永遠です!!
闘病しながら、最後までベースを手放さなかった潤は、まさにプロ!!
蛭子能収さんのジャケットも素晴らしく、また、秋元康さんのご厚意により実現したAKB48のカバー「風は吹いている」もロック魂全開!!です。
高田蓮さんら、サポートミュージシャンの音も彩りあざやか・・・是非、お聴き下さい!!
収録曲「クスンと、カメラ」のPVはこちら→https://www.youtube.com/watch?v=SrXhgk0bbqM
タイムスリップ TIME CUPSULE~タイムスリップBOX~完全受注限定生産〉
2013年12月25日発売 ¥8400 ディスクユニオン
http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND13899

夢野ワンダ、石川真希、嶋田久作、佐野史郎で1984年に結成されたロックバンド、タイムスリップの未CD化音源集「タイムスリップ」、ベスト盤「たんすのなかにおくすり3つ+」に続き、BOXセットもリリース!!
嶋田久作退団後、周藤朗険(すとうあきたか)が参加してからのオリジナルアルバム「たんす」「おくすり」「3」に加えて、LIVE映像DVDも加えての4枚組BOXセットは激レア!!
箱も、漫画家でもあった夢野ワンダのイラストがカワイイんだよね!!
ちょっとお値段が張りますが、時空を超えて今尚新鮮なタイムスリップの世界に、ドップリ浸ってみてください!!
LIVE DVDより「小平の女」!!http://www.youtube.com/watch?v=mNFkVmf1fQQ
★CD「たんすのなかにおくすり3つ+ the best of TIME SLIP」
http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND13017
2013年8月21日(水)リリース
3500円(税込)
2枚組、紙ジャケット、特典音源アリ(限定/小平チューンナップス/LIVE音源)
発売元 ディスクユニオン

コラムにも記しましたが、嶋田久作が抜けた後にリリースされた3枚のオリジナルアルバム「たんす」「おくすり」「3」とビクターからリリースされた2枚のシングルからセレクトされたタイムスリップのベスト盤。
全35曲。
フェティッシュ!シュール!アングラ&ポップ!!
例えようのないロックバンド、タイムスリップ!!
再結成は望めなくとも、音は新たに漂い始める!!
未CD化音源集「タイムスリップ」http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND11606 と併せて、是非、お聴きください。

「怪獣文藝」
http://www.mediafactory.co.jp/c000051/archives/031/009/31999.html
2013年3月15日(金)発売
定価1,995円(税込み)
発売元:メディアファクトリー

怪獣小説を書きました!!
遠野学の赤坂憲雄さん、編集の東雅夫さんとの怪獣鼎談も掲載。
天野行雄、菊地秀行、黒史郎、黒木あるじ、小島水青、雀野日名子、樋口真嗣、牧野修、松村進吉、山下昇平、山田正紀、夢枕獏、吉村萬壱という、 蒼々たるメンバーに加えていただき、光栄・・・とともに、とんでもないプレッシャーが・・・。
とはいえ、九州、福岡と山陰を結ぶ神話の世界を舞台とした怪獣譚は、近年の日本古代神話の取材を通して得た集大成的な要素もあるかと。
ご興味のある方は、是非、ご一読を!!!

*校正ミスがありました。「怪獣小説」お買い上げいただいた方に下記の部分を削除していただけますよう、お願いいたします。

P103 終りから8行目
「祐哉は、どこか他人を緊張させる空気を持っている~」の「どこか」を削除してください。
「祐哉は、他人を緊張させる空気を持っている~」となります。 よろしくお願いいたします。
★未CD化音源集「タイムスリップ」
http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND11606 2013年3月20日(水)発売
定価 2,600円(税込)
発売元:ディスクユニオン

28年前にカセットテープでのみリリースされたタイムスリップの「ねえ大好き」2ndの「非売品」、東京グランギニョルからリリースされたソノシート「五月の唄/小平の女」。
これら未CD化音源集がデジタルリマスタリングされたアルバム「タイムスリップ」!!
「ねえ大好き」はマスターテープ、「非売品」はカセットテープから、そしてソノシート音源「五月の唄/小平の女」は、マスターテープは紛失したものの、奇跡的にマルチトラックが発見され、嶋田久作と佐野史郎とでのリミックスヴァージョンも収録!!
ディスクユニオンで購入すると、夢野ワンダのイラスト缶バッヂに加え、遠藤賢司さんのリードギターが堪能できるアルバムとは別ヴァージョンの「新宿ストーリー」の特典付き!!
28年の時を越えて、夢野ワンダ、石川真希、嶋田久作、佐野史郎のオリジナルメンバーによる幻の音が今、まさにタイムスリップして蘇る!!