映画人としての佐野史郎



映画主演デビュー『夢みるように眠りたい』

1998/2/6
photo
映画公開時のチラシ。
友達の嶋田(久作)くんも映画デビューが『帝都物語』で主役だったし、佐野くんもはじめての映画『夢みるように眠りたい』が主演だというところがすごいよね。

嶋田も最近「ふぉれんと」のコマーシャルで出ずっぱりだよね。あいかわらず変なヤツだね。(笑)
この『夢みるように……』への出演の話をすると、年譜を見てもらえると分かるように、1984年の8月に状況劇場を逃げ出して(81年にも辛くなり、友人の小豆沢くんの高円寺のアパートに身を寄せる第一回逃亡を企てるが、ヨシコ?が呼びに来て逃亡は1日で終わった)、西荻の周藤兄弟のところに身を隠したわけだ。
劇団にも手紙を出して正式に辞めて、何をしていたかというと、バンドをやってたんだ。それで、エンケン(遠藤賢司)さんのバックを手伝ったりしてるうちに、エンケンさんとあがた森魚さんとのジョイントがあって、あがたさんのスタッフをしていた林海象氏と出会ったんだ。

そのころ、あがたさんが映画を撮るという話があって、嶋田くんや飴屋(法水)くんも出るというような話になってたような気がする。

そうなんだよ。結局嶋田もアメちゃんも東京グランギニョールの旗揚げで参加できなかったんだけど、その映画のカメラテストを、四谷三丁目の喫茶店の二階 で(英語で台詞をしゃべるテスト)受けたんだ。しかし、それがなかなかうまくいかないんだよ。ところが、森魚さんがやるとすごく上手くて、やっぱり芸能のプロは違うなーって思ったりしてたよね。(笑)
それで日を改めて次のテストが終わった日に、海象くんが「これ、ちょっとやってみて下さい」って出してきた(そのうやうやしさときたら、あんな低姿勢な海象はその後、二度と見たことがないほどだけど)台本が『夢みるように眠りたい』だったんだよ。つまり、あがたさんの映画はポシャッて海象氏のが残ったわけだ。
舞台はもうダメだと思っていたし、そのころは小津安二郎に入れ込んでたから、大きな声を出さなくて、丁寧に作って、ちゃんと思ってればそれでいいような映画 ならやってみたいと思ってたからね。
大声を張り上げてた紅テントでの自分の演技の居心地の悪さみたいなものあって、家に帰ってアコ―スティックギターでエンケンの曲を唄ってみたり、タイムスリップで嶋田なんかと小さな音のロックバンドにしようって話したりしたのも、すべてが『夢みるように眠りたい』のようなものに向いていたんじゃないかな。ちっちゃなことがやってみたいという、本当に素直な、邪心のないいい人のころだったから、この映画をやってみたいなーと思ったんだよね。

いまとなっては、邪心だらけになってしまいましたが……(笑) しかし、この映画のスタッフはそうそうたる人たちが集まったんだよね。 

美術が木村威夫さん、撮影が長田勇一さん、照明が長田達也さん。そういう点では、海象のヴァイタリティーはすごかったな。それに、みんな手弁当に近かったからね。もちろん、公開して回収したらギャラを払うということになっていて、みんな後で貰ったんじゃないかな。
それで、85年の年が明けてからは、もう殺陣の稽古をはじめてたね。2月になってすぐクランクインしたんだけど、最初のチャンバラのシーンが始め上手くいかなくてね、海象は「もうこれで俺の人生も終わりだ」と思ったらしいよ。けど、そこはアングラ出身、本番は気合入りましたよ。ほとんどロケなんだけど、大駱駝館の豊玉の倉庫にはセットも組んで、撮影をしたな。

レンタル・ヴィデオでも観られると思うので興味のある人は是非観て下さい。

音楽ファンも観に来てくれただろうし、モノクロのサイレント映画だったこと、インディーズの映画を西武のような大手が配給するということでも、目新しかったんじゃないかな。それに、シネセゾン渋谷のこけら落としだったこともあって、かなり情宣をかけたから、ずいぶん人も入ったんだよね。

この映画のおかげでヴェネツィア映画祭にまで行ったんだよね。

いまでこそ、たけしさんがグランプリまでとるとさすがに大々的に報道されるけど、『夢みる……』もメイン会場で5分以上もオールスタンディングで拍手がなり止まなくて、海外の映画祭では途中退場する人ってほんとに多いんだけど、ほとんど人も帰らなかったんだ。まあ、そんなこと日本にゃ無名の主役じゃ報道されるわけもないか…。
けど、おかげさまで華の映画界を味合わせていただきました。あと、日本のマスコミは来なかったけど「ル・モンド」のインタヴューを受けたりね。日本のワイドショーみたいに「普段はどうしてるんですか?」みたいなことは聞かれないからね。(笑)ちゃんと映画の話しを聞いてくるし、思ってることを言えばいいから、楽しかったよ。

佐野くんも海象監督も、『夢みるように眠りたい』があったからこそ、いまの状況があるようなものだよね。

もちろん! だけどやっぱり、すべてはエンケンだよ。海象監督との具体的な出会いのきっかけもそうだけど、精神的なルーツみたいものもエンケンなんだ。(原)マスミくんにしても、みんなルーツはエンケンなんだよね。すべては、そこに繋がってるんだ。

佐野くんも参加しているトリビュート・アルバムを聴くと、あらためてエンケンさんの作る楽曲の良さが分かった。撮影をしていて舞台と違った、手応えみたいなものはあったの?

最後のカットを撮り終わったときには、芝居の千秋楽みたいな感覚があって、これは面白いという手応えを感じたね。ラッシュも観てたんだけど、特に仁丹塔を登っていくところなんか、ドイツ表現主義みたいじゃない。ああいうのが面白くて仕様がなかったな。
あれ以来、海象監督の映画にはほとんど出てるけど、僕の役所はいつも監督の分身みたいな役のようだね。

その海象監督が冬彦のころ「佐野史郎をはげます会」で「この男にだけは、騙されないで下さい」とスピーチしたときに、ああ、長年付きあうとみんな同じことを思うんだなということが分かった。(笑)すごい、同感だったな。

あははは、嘘つきで。(笑)でも、最初から嘘つきだとは言われてたけどな。(笑)でも、悪気はないのよー。